どの家にもある「巨大穴」が気密断熱に大きく影響していることを知って取った対策

どの家にもある「巨大穴」が気密断熱に大きく影響していることを知って取った対策

実は家に巨大な穴がある!

こんちゃーーー
みんな、ゲンキンかい?(私は、ゲンキンだZE☆)
あ、ども
めっちゃお菓子好き光子ですぅぅ
今日は謎のフレンドリーでお送りしています
ウザかったらそっと閉じてね・・・
そして、また戻って来て
待ってるから

 

さあさあ、金曜日だよ、バイブス高めで行きますぉー

今日は家づくりのお話^^
建築中の人向けです
Advertisement
皆さんの家には、巨大な穴がありますか?
そう、
床下や天井に点検口のこと
ありますよね?ね?
(なんか、点検口ないっていうお宅もたまにあるらしい)
点検口・・・それは、
基礎や屋根裏に続く、超巨大穴です
うちもそんなデッカい穴が天井と床に二箇所ございます!!
Advertisement

気密や断熱は気にするのに

我が家が高気密高断熱住宅を目指すにあたって色々調べるうちに、
この点検口って、気密を考える際に割と見落としがち!ということが解りました。

 

サッシの隙間や躯体の気密性などは
判りやすいので気にすることもできます
数ミリでもとっても気になります

 

しかしですよ!!
こんなにも大きな点検口、いわゆる「巨大穴」が家に二個もあるのに
私の建てる工務店では、
「高気密点検口」は標準ではありませんでしまぁ・゜・(ノД`)・゜・。
つまり、低気密点検口みたいなもん
まぁ、気付けただけでも御の字です( ̄∇ ̄)
なので、追加オプションで付けることになるのですが
大きな穴ゆえ、対策することで気密断熱効果は絶大!との噂も。

我が家が採用した仕様

因みにうちは、城東JOTOの物を採用しました
気密パッキンもJOTOのシロアリ対策を標準採用してくれてるので、
無知なくせに城東には良いイメージがあります
{15A82A1E-F9EE-4251-A1CA-C806D4B5531E}
{B53CB080-821D-4099-BC0B-01901251EA2B}

工務店の設計資産にもらった印刷プリント

これを見ながらそれに変更するか打ち合わせ
{FAB37B94-E55C-40AC-934C-5B95AEB61ABB}

熱貫流率0.48以下!うん、悪くないね

{2516421E-7726-4C60-88CD-7D31A014D6D0}
省エネ対策等級4
ⅲ地域でも対応なので、
Ⅵ地域(Ⅲ地域よりだいぶと暖かい)の我が家では十分だと思います

気になる差額は?

いやー、こんなんあるって知らなかったわ〜
工務店からも特段提案もなかったので
気密にうるさい旦那が調べてくれて良かった

 

外皮断熱材はしっかり入れるし、
気密も気をつけているんで、
どうせやるならここもでしょ!?ってなるわな。。。
・・
気になる追加金額・・・天井と床下合わせておよそ2万円くらいでした。
高い?安い?
・・・よくわかりませんが、
最近の家だとこれくらいは標準仕様ということも多そうなので
ちょっと痛い出費にはなりましたが・・・
でも
これで、少しでも大きな穴対策・気密対策ができて、
快適に過ごせたらお安いということで!
Advertisement

設置場所にもこだわった理由

ちなみに、床下点検口は、本当ならキッチンに設置して、
漬物とか梅酒など、色々寝かせてかさばる重たい物を入れたりしたかったのですが
少しでも居室に、基礎からの熱を伝えないように
あえて廊下のクローゼットの中に設定しました。

 

最初からそうなので、特段不便はないですが・・
やっぱり
漬物とか色々入れたかったなー。゚(゚´ω`゚)゚。
ま、点検口を踏んだりする衝撃が少ないので、
耐久性は担保されます。よきだね!
あとは、この点検口の淵のデザイン
我が家は何も考えていなかったので白なんですが
場合によってはステンカラー・ブラック・床材に近い色・・・など
床の色や好みに合わせたりもできるそうです!!

まとめ

料金はかかるかもしれませんが
キッチンや洗面所など
毎日目に付く場所に点検口を考えている場合は
そこもチェックできるといいですね!!
結構奥が深いわりにスルーされがちな場所です^^
光子のInstagram
家づくりブログ
今回は、点検口って、こんな種類や設置の仕方もあるよー( ̄∇ ̄)
しかも色も選べるかもYO!というお話でした!
家づくり…懐かしいな><♡

 

本日もお読みいただきありがとうございました!
では、今日も適当に。頑張って行きましょうね(*´Д`*)はぁはぁ
Advertisement
Advertisement

 

家づくり・建築知識カテゴリの最新記事