トラブル!口が滑った営業マンの醜態:前編

トラブル!口が滑った営業マンの醜態:前編

営業マンの失態

おはまる水産!
断捨離ズボラー光子
家づくりの最中のトラブルはよく覚えております^^
(執念深いタイプだったんだ自分・・・)
というわけで、
憂鬱な月曜日は
ちょっと面白い話でリフレッシュしませんか卍←無理矢理
ということで、
今日から口滑らし営業マンの失態
についての記事を書いていきます
{C9DFF550-9C9B-4861-A2A0-B68F5E08F7A5}
時は遡り
それは今から2年以上前。
うちらが工務店で契約する前、
営業マンから
「年度末決算の3月中に契約してくれるなら
床暖房と諸々サービスをつけます!」
と美味いこと言われていました
床暖房は私の夢なので、絶対欲しい!
でも、自己負担だと高額な設備・・・(50万円)
工務店の条件もいいし、
当時は「来年入園&私の仕事復帰を控えた今が買い時なのも間違いない!」
という物理的な環境も整っており
そんなこんなも含め、
3月中に契約し
見事にそのサービスを受けることができました
Advertisement
しかし、早期契約のその背景には様々なことがありました
まずは選択・決断までの時間の短さです
工務店の営業マンと初めて会ったのも3月だったため
サービス欲しさに
工務店関係者と顔を合わせてから、約2週間で購入の決意を迫られたわけです
つまり、私たちは
たった2週間で人生を賭けた買い物をするというハイリスクな選択をとりました
今考えたらすごいハイリスク><
もちろん、両家の親も戸惑いました
そりゃそうだ!
「そんなにすぐに決めても大丈夫なのか?」
「ちゃんと会社は調べたのか?」
「仕様や価格設定は妥当なのか?」
「会社や営業マンは信用できるのか??」
その他色々・・・
うん
親として、当然の不安だと思います
実際、まだ工務店の人たちのや会社の素性もわからないし
たった2週間では、打ち合わせも顔合わせも限りあります
Advertisement
短期間のうちに、出せる限りのオプション価格を出してもらい
できる限りの間取りを考え
顔合わせだけでなく、ライン、電話やメールによる打ち合わせ
社長にも会い←過去記事にあります
本当にギリギリの中、
本当の本当の年度末3/31に契約を交わしに行った次第です
そらもう、旦那からしたら
不安はもちろん
「本当にここで大丈夫だったんかな?」という後悔に包まれ
マイホームブルーな雰囲気すら漂う時期もありました
(あ!私はめっちゃルンルンハッピーでしたがwごめ、旦那。。)
でも、そのおかげで、欲しかったオプションも手に入れられたし
ずっとほしかったマイホームの契約も交わせ
条件的にもピカイチなのは間違いありませんでした
Advertisement
そして、契約後・・・
間取り打ち合わせやら、
ZEH申請やら、
内装設備のショールーム巡り、
営業マンのミスやら何やらで
てんやわんやな家づくりも進み
以前の記事にも書いているように
担当営業マンがとにかく金額ミス(しかも何故かいつも高く見積もられる)を連発しまくっていたため
お隣担当の営業マン(Aさん:この話の主人公)も交えて話をしていた時期がありました
その営業マンAさんめっちゃ口達者なんです。。
いい意味では営業向きです
しかし、悪く言えば悪質な多弁なのです。。
好ましくない情報もうっかり滑らせるタイプ・・・そう、完全に失言タイプ!
そんなAさん、やはり歴も長く
華々しい経歴もあり、頼りになることもあり
自分の担当営業マンだけでは不安な場面で色んな相談もしたり
提案もいただいたりしていました。
そこはとても感謝しています
しかし!
そんな中で、Aさん自分の担当お客さんの話になった時
色々口を滑らせてしまうのでありました・・・w
Advertisement

一旦要約

隣の担当営業マンAさんは多弁で
魅力的な話し方をしますが、失言も多いタイプです
私たちの担当営業マンだけでは話が進まない場面もあり、
その隣の担当営業マンのAさんに打ち合わせに入ってもらうことがちょこちょこありました。
その中で起きたトラブルです
{46AA68BD-B2A7-49A0-85F1-7987FCEDD0F6}

↑昔、ショールームでめっちゃ素敵やと思ったエコカラットと造作棚・・・真似したかった♡

Aさん(=隣宅担当営業マン)は、私たちとの打ち合わせ中に
自分のお客の個人情報を垂れ流しました
それはもう、華麗に。
内容はけっこう言ってはいけないようなことなので割愛させてください。゚(゚´ω`゚)゚。ぶわっ
その場では、多弁なAさんの勢いもあり、
「あらら〜大変でしたね〜」なんて笑いながら聞いてましたが
冷静に考えてみると
あれって、私たち聞いて良かったんか!?
ギリギリアウト!?
いや・・・
内容的に完全アウトよね!?
なんて主人と話していました。
Advertisement
もし自分達のことを、これから永く付き合うであろうご近所さんに
営業マンがあんな風にペラペラ話されたとしたらブチ切れ案件です💢
当時は、担当営業マンの金額ミス連発とか、その他色々重大な内容の事も多く
注意のベクトルは完全にそちらへ行ってたため
Aさんのこの件に関しては、
ホンマよく喋るなー( ゚д゚)聞かなかったことにしとこう・・・
くらいで流していました
恐ろしや人間の脳
今なら完全にコンプライアンス違反だと言いますね
何回かAさん交えた打ち合わせも進み
その中ついに
Aさんは私達に絶対滑らせてはいけない話を滑らせてしまうのでした・・・w
Advertisement

絶対滑らせてはいけない話とは

それは、Aさんの担当してるお隣さんが
内装に対しての自然素材へのこだわりが強く
どうしても無垢の床を使いたいとの話でした
そーいや、ここでもお隣さんはオプションいくら付けたとか失礼な話垂れ流してましたよ・・・呆
因みに私達が3月末に契約したのに対し
お隣さんは5月頭に契約されています
「こんな無垢床とか取り寄せて、
今色々選んでるんですわー!
高いんですけどやっぱりいいですね!」
なんてAさんは言いながら、サンプルなんかも見せてきます
すでにこの時ぶっちゃけ
「いやいや、そんな隣の家の自慢話要りません・・・」という感情でしたね
Advertisement
うちは絶対床暖房欲しいから
手入れ難しい無垢はアウトオブ眼中なんです・・・と思ってたので
家の考え方って本当に人それぞれですもんね
しかし
やはり無垢!とても素敵な素材だし、興味深く話を聞いてたんです(*´ω`*)
そしたら、その勢いでAさん、滑らせちゃったんです・・・
大体わかりますか?
ヒント。
3月中に契約したら床暖房つけますという約束
年度末までに契約したら床暖房という約束ね
そう、それは・・・
つづくっっ!!
すみません。゚(゚´ω`゚)゚。明日の記事に続きます^^
では、今日も1日元気に生きましょうね!
Advertisement
Advertisement

トラブルカテゴリの最新記事