断捨離「もの」ではなく「あなた」を大事に

断捨離「もの」ではなく「あなた」を大事に

片付け頑張る光子です

本日は私が「嫌いから→ちょっと好きに」に変化した

「お片づけ」

の話(*゚▽゚*)をさせていただきます^^

 
 

小さい頃の教育でできた価値観に苦しめられた

 
わたしが小さい頃、
学校でも家でもどこでも
「ものを大切にしましょう。」
「最後まで使い切りましょう。」
「もったいないことはしない。」
などと
教育されてきました
 
「ものを大切にする」という言葉って
今思えばとても抽象的だなと思います

言葉の意味が分からなかった

 
ものを大切にする、とはどういう事なのか
 
最近まで、それは
消えないものなら捨てずに置いておくことと
消えるものならちょっとずつ消費すること
(そして使い切るまで捨てないこと)
 
そんなふうに、自分なりに漠然と考えてました
 
昔、私が片付けがとても苦手な理由を記事にしていますが
物の管理もできないくせに
物欲は人一倍あるという
今振り返ればとても厄介な人間
 
 
これは本当に欲しいのか?
本当に必要なのか?なんて1ミリも考えず
ノリやお得感だけで無計画に買い漁っては
ものを大切に!という呪縛から
捨てることへの罪悪感に苛まれました
 

でも・・・整理整頓の仕方も知らず

不要な物で溢れては、管理しきれず探し物に時間を費やし
片付けしろ、片付けしろと親から叱られ
自信をなくし
どんよりした空間で過ごしていたように思います

経験を重ねて見つけた答え

 
そして時は経ち
私も大人になって子供を産んで
色んな人からの情報を得たり
経験と知識が擦り合わさって
やっと今、ものを大切にすることの意味を
自分なりに解釈できるようになりました
 
その解釈とは
・不要になったものは感謝して捨てるか
必要とする人にお譲りさせていただく
 
・必要なものは、良いものを選択して長く使う
 
・自分が管理できる量を見極める
 
これが、光子的ものを大切にする事なのかなと今は思っています
 
 
ものを捨てるなんて勿体ない!
まだ使えそうなのに勿体ない!
 
・・・なんていう呪縛を
自分なりにゆっくりと解き放っています

物に執着しすぎない

 
不要な物で溢れている部屋では
身体・心は休まらないらしいし、実体験でもそれは経験済み
綺麗な部屋、無駄な物のない空間って
なんて気持ちが良くて心も休まることか・・・
 
昔、そういう「物に支配された経験」があったからこそ
手放す事への充実感や
自信を得られている気がしました
 
誰かが言ってた言葉
 
ものを大切にするのではなく
あなたを大切にしなさい
 
 
手放すことをためらった時は
この言葉に支えられながら
 
「自分を大事に」してこれたかなと思います
なので、皆様にもシェアしたいなと思った次第です^^
 
 
 

まとめ

 

この言葉を胸に
2018年を終えたいなと思います
 
本日もお読みいただきありがとうございました
皆さんが訪問してくださることで
記事の更新のモチベーションになっています
 
本当にありがとうございました!!
そして、
来年の2019年が皆様にとって
素晴らしい1年になることをお祈りしています・・・(〃ω〃)

それでは、良いお年を…

高貴光子(◎大好きなお家でシンプルライフ◎運営者)

Advertisement

すっきり捨て活カテゴリの最新記事