生活エッセイ

  • 2018.12.07

子を失う哀しみを教えてもらった話

いつも顔を会わす度、私(光子)のことを気遣ってくださる方がいる その方の名前は「よし子さん」といい、 80代半ばの女性だ   小柄で優しい顔立ちをされていて、おっとりとした口調のよし子さん ご主人は昔に亡くなって、今は一人で大きな家に住まれている   よし子さんはいつも腰が低く どんな人にも自ら「こんにちは」「元気してますか」「ありがとう」を言う方で 私はこの人の優しさに癒され […]