ああ、後悔!住んでみて初めて実感するマイホーム建築の失敗とは?

ああ、後悔!住んでみて初めて実感するマイホーム建築の失敗とは?

住んで初めて実感する後悔点6をご紹介

どうも、今日も光子に会いに来てくれてありがとう!!

しばらく、マイホームの建築中を振り返ってますが

当ブログに遊びに来てくださる方を拝見しますと
まだ建築前の方もいらっしゃったので
入居してから気付いた後悔を公開言いたかった
参考になるか分かりませんので、読み流して頂けたら嬉しいなと思います^^
{72D3467D-70FE-4484-B7D8-EDB3855E91AD}
Advertisement

後悔①シューズインクローク付ければよかった

普段使うベビーカー、普段使いのアウトドア用品、子供の自転車グッズなど
小さい子がいると、やっぱり何かと玄関周りがごちゃつくんです。。。
玄関周りってスッキリ綺麗に整理できたら、風通しも良くなり、明るい雰囲気が風水的にも良いみたいですし、
半畳程度でも有ると全然違うと思うので、作ればよかったなぁ
後付けでこういうものもあるようですね
玄関のごちゃつきが解消するクローク収納シリーズ棚あり 幅45cm 545518(サイズはありません イ:ブラウン) 玄関のごちゃつきが解消するクローク収納シリーズ棚あり 幅45cm 545518(サイズはありません イ:ブラウン)

32,292円
Amazon

後悔②コンセントは部屋の四隅全部いる

かなりコンセントは付けましたが
部屋の四隅全部に付けとけばよかったと思いました
値段によると思いますが、精々数千円程度
特に良く使う和室、一番欲しい所にないーーー
図面上では不要だと思ったけどいざ住んでみると多いに越したことはないですね
Advertisement

後悔③洗面所の1畳の差は無限大

二畳の洗面所は、少し狭く感じます
うちは収納ボックスなど置く余裕がないです
逆にあと1畳広くさえすればい、かなり利便性が高くなって
毎日家族が使う場所だから快適かつ生活の質も上がっただろうと思います

後悔④LDKのドアを拘れば良かった

今のドアも気に入ってない訳ではないんですが
他の方のWeb内覧会など見てると
かまち扉に型窓があって、アイアンの飾りを施して有る素敵な扉や
ステンドグラスでアクセントを利かせた扉など
一番目につくLDKドアだからこそのインテリア感覚でこだわりたかった
{E6ABAC0D-710D-4A26-AB00-F8D2FD520414}

こんなんしたかったー可愛いーこんなんあるって知らなかったー

楽天でもこれくらいの価格であるんですね
引込み戸標準タイプ(上吊方式)ASUHK-LWB ラシッサ ステンドガラス組み込み上吊方式 引き込み戸 上半面ガラス組込み|室内ドア 扉 室内建具 diy リフォーム 内装ドア 片引き戸 片引き扉 引込戸 引込み戸標準タイプ(上吊方式)ASUHK-LWB ラシッサ ステンドガラス組み込み上吊方式 引き込み戸 上半面ガラス組込み|室内ドア 扉 室内建具 diy リフォーム 内装ドア 片引き戸 片引き扉 引込戸

110,484円
楽天
このカントリー調とか素敵ですよね
カントリー調 室内ドア 開き戸 ステンドグラス COUNTRY・オーダードア22(室内用) rfm dor カントリー調 室内ドア 開き戸 ステンドグラス COUNTRY・オーダードア22(室内用) rfm dor

84,240円
楽天
標準ドア ステンドガラス組込み ASTH-LWB 室内ドア リクシルリフォームドア 内装建具 枠付ドア ユニットドア リビング建材 トステム tostem lixil 扉 日曜大工 diy 扉 交換 おしゃれ 室内用door 標準ドア ステンドガラス組込み ASTH-LWB 室内ドア リクシルリフォームドア 内装建具 枠付ドア ユニットドア リビング建材 トステム tostem lixil 扉 日曜大工 diy 扉 交換 おしゃれ 室内用door

89,100円
楽天

後悔⑤サッシの太さの確認しとけばよかった

丁度1Fトイレが家の裏の端になる為
防犯面も考慮し、人の頭が入らない幅の縦長窓にしました
しかし、うちはAPW330なので
APW330の枠が太く、採光面が半分以下しか取れず
1Fトイレは暗いのです
APW330採用される方もちらほらおられると思うので、サッシの枠の太さなど実際測って確認した方がいいかも知れないですね
Advertisement

後悔⑥電動シャッターが値段以上に神ってる

うちはシャッターが3箇所あるのですが
2Fの寝室のシャッターだけ手動にしました
電動シャッター、思ってた倍以上に便利で、2Fも付けとけばよかった。
差額は大体6万程度でした。カタログなど見てみると意外と高くない。
特に今の時期、窓を開けずにボタン1つで開閉できるのは本気で快適です
強く強くお勧めいたします!
本日はここまで、後悔点はまだまだ続きますので
次回の記事をお楽しみに^^

 

家づくり・建築知識カテゴリの最新記事