居室毎に内装色を変えた事を、実際出来上がってどう思っているか

居室毎に内装色を変えた事を、実際出来上がってどう思っているか

居室ごとに内装の色を変えました

おはまる水産
断捨離ズボラー光子です!

 

ちょっと前に、我が家の2Fにある
娘の部屋、息子の部屋、私たちの主寝室を晒しましたが
1F含め、全部屋
床・建具・ドア・窓枠の色を変えておりました
つまり、統一性がないということなのですが・・・
では、振り返ってみます

各部屋の内装色おさらい

LDKはメープル×ホワイトアッシュ↓
明るく優しい雰囲気に仕上げました
{75695EFB-E5D1-4909-A0AC-512128AD8961}

娘の部屋はホワイトオーク↓

これは可愛くちょっとシャビーナ感じですね

{050C60CD-C6D1-4F69-BA39-A5BE0D246256}

息子の部屋はオーク↓

スタンダードで安心感のあるまとまりです

{524DA793-599A-4D6A-8A44-11995A7258E6}

主寝室はチェリー↓

少しダークで落ち着いた雰囲気です

{BB1B2615-837F-49DC-B50A-5F67665D0109}
ちなみに2Fトイレのドアとファミリークローゼットはホワイトアッシュ
すっきり見えるアッシュがとても好みだったのでそうしました
{10810143-FC30-4FF7-8467-7675114A2F3B}
結果として居室ごとに色を変え
2Fのドアの色も4色になりました
・・
こうなるまでに結構な葛藤がありました
Advertisement

どんな葛藤があったか

まずは、無難スタンダード好みの建築士さんは
1F、2Fの床と建具は揃えた方が統一感が持てて綺麗という価値観でした
まぁ、もし色を変えるとしても
1F、2Fとフロア全体で替えるのが無難と・・・
今まで見てきた家なんかも
たしかに床とかドアって
そんな何色も使ってきてない所が多いのも事実でした
統一感出すには揃えた方が・・・なのも事実
Advertisement
正直貼りわけもややこしければ
端材も出やすいし・・・
施工者と提案者からして、あまりメリットがないのかなとも。。。。゚(゚´ω`゚)゚。ごめん
なので、当初は1Fも2Fも全部
床はメープル、建具はホワイトアッシュと決めておりました!
↓Panasonicショールームでは
めっちゃ楽しく悩みましたよ笑笑
{7FB51519-BCEC-4C1C-83A9-6A36098BF5D5}
{DD7B0638-F6D0-48D2-BF92-2E17B0EB22D2}
ただなんとなく、
明るくて可愛い雰囲気のホワイトオークを使いたかったな・・・といった未練があったこと
素敵なチェリーの建具に「採用してみたい」という憧れがあったこと
オークはほこりや髪の毛が目立ちにくいという実用的な部分でのメリットの大きさがあったことなど
色々思うことはあるものの
他の色柄の良さを敢えて忘れることにしていました

見つけてしまった希望の内装

そんな当時、
ふとブログ徘徊をしていると
あったんです・・・!!
居室ごとに色味を変えて楽しんでるお家が!!
記憶は曖昧ですが・・・
確か、子供部屋はホワイトと燻んだグリーン?のアンティークな建具
寝室はダークチェリーなお洒落な雰囲気
だったかな??
他のフロアはオークの落ち着いたオークで
Advertisement
あ、こういう使い方する人もやはり居るんだな!と思い
忘れていた(忘れようとしていた)はずの、
内装多色使いの欲望が一気に溢れてきた次第です(・∀・)
で、無難で失敗のない家も素敵だけれど
自分のしたいことを我慢するのも勿体無い・・・
旦那にそのことを相談してみました

後悔してもいいからやりたいことをしてみる

統一感は無くなるかもしれないけど
息子の部屋はメープルよりもう少し落ち着いたオークにしたいこと
娘はホワイトオークを気に入ってるし、私もホワイトオークの部屋を作ってみたいこと
主寝室はチェリーで落ち着いた雰囲気にしたいこと
Advertisement
そしたら、私の提案はなんでも受け入れてくれる主人は
いいね!と言ってくれ
フローリングと建具、4種類乱用が実現いたしました
出来上がって思ったことは
「ぎょっ」とするような違和感は(個人的に)ありませんでした
居室ごとに雰囲気がガラリと変わるのは面白いです

 

とくにホワイトオークの娘の部屋はとても可愛くて気に入ってます(*´ω`*)
工務店は、この色遣いの手間もサービスでしてくれました
棟梁は「巾木は白で統一した方が綺麗かも」とか、
実際の現場で完成予測を見せてくれながら相談してくださったり・・・有り難かった。
Advertisement

まとめ

もしあのとき、統一感を選択していても
きっと、綺麗だから満足していたと思います
でも
今は多色使いの我が家が愛おしいです
色んな選択肢があって
そこに住む私達が
自分で納得して選ぶこと
それが、後々の満足度につながって居ることを
家づくりでは何度も実感して居ます

 

家づくり、後悔しない為に!!
もし、居室ごとの色遣いを考えておられる方がいたら
まぁ、こんな感じで採用して
それなりに「良かった」と思ってる人もいるよ!というお話でした
Instagramはこちら
家づくりブログはこちら
Advertisement

おまけの小話

ていうか、うちらの親たち(両家の両親)
お家お披露目の内覧会してるときに
部屋ごとに色が変わってることに全く気づいてませんでした(^_^;)
説明して、やっと、ほんまやねー!と。。。驚
そんなもんですかね?笑
では今日もお仕事頑張りましょー
本日もお読みいただきありがとうございました(*´ω`*)
Advertisement
Advertisement

家づくり・建築知識カテゴリの最新記事